江戸のヒロインたち

a0315830_16583405.jpg
遅くなりましたが 今年の江戸検定のテーマ 上げておきますね
「江戸のヒロインたち」と言われて 最初に思い浮かぶのは誰でしょう
まずは「大奥の女たち」かしら?
それも阿茶の局に 春日局 桂昌院に天璋院・・・やまほどいますね
千姫だって 波乱万丈のヒロインです
いやいや やっぱり江戸のヒロインは笠森おせん!という人もいるかも
ちょっと待ってよ 高尾太夫を忘れていませんか
それをいうなら 玉菊さんは どうよ
え、だったら八百屋お七も入れてもらいましょう
善女といったら大日如来のお竹さん
悪女と言ったら 妲己のお百ですかねえ
お百は 芝居の作り事 実在したなら大阪屋花鳥でしょう
いやいや 白木屋お熊を忘れちゃ困る
だったら今大河でやってるお由羅の方はどうだ
なんでも江戸の大工の娘ってことだ
江島、生島の江島だって 悲劇のヒロインだよ
オランダおいねも いるじゃないか
加賀のお千代も 名が高い 北斎の娘・応為もいる
川口のお直さんだって 商売上手で名が高い
「幾代餅」の幾代は 愛嬌がいい
岩亀楼の亀遊さんは さすが大和の女郎花 降るあめりかに袖はぬらさじ・・・ってね
幕末の志士を支えた女たちも 入れずばなるまい
坂本竜馬は お龍さん 桂小五郎の幾松もいる

ちょっと思いつくだけでも こんなにいるんでねー
お好みもありましょうが 少しずつお勉強するしかないでしょーねー
あなたの選ぶ江戸のヒロイン 押しメンはだれかしら?




[PR]

by tukineko-diary | 2018-02-03 17:18 | 江戸検定 | Comments(9)

Commented at 2018-02-04 17:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tukineko-diary at 2018-02-06 21:22
遅くなりました!
まずは 合格おめでとうございます!
サイトおじゃまさせていただきました
バリバリお勉強なさっているのですね^^p
私は最近 ここしばらく読んでいなかった翻訳本が
たまってしまって 江戸本からは遠ざかっておりましたが
大河「西郷どん」をきっかけに またちょっと江戸に戻ろうかと思っています
江戸本のご紹介は 前ブログ「江戸東京ときどきロンドン」で
ほとんど書いたかなー…と思いますが 今年のテーマ「江戸の女」に
関して また書かせてもらおうかなー、と思っていますので
時々 のぞいて見てください

Commented by suezielily at 2018-02-12 16:39
オランダおいねとその母上は、冷遇されてるって気になってるのですよ。フィギュア選手が「蝶々夫人」演じる度に!
だってピンカートンはやり逃げですもん。国辱モノですよ!
シーボルトは少なくとも一度は再来日して、楠本母娘と生活してるのです。娘の医師になりたいって願いにも助力するし。父の弟子が娘を四国でひどい目にあわせるけど。。。
Commented at 2018-02-13 10:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 鶴ヶ島の小ツルこと竹内京子 at 2018-02-14 18:20 x
月猫様
江戸のヒロインと聞いて、私も月猫様と同じように、御台所側室女中、内裏、吉原、仇討事件・・とか項目を挙げていました。
で、印象に残っている「江戸東京時々・・」の花魁の話、
道で腰巻を落とした三浦屋の遊女!
あれは試験問題には出ないかなあ?(笑)
でもその後お芝居になって当たったんですよね。
「江戸東京時々ロンドン」単行本になったら買います!
Commented by tukineko-diary at 2018-02-14 22:53
suzielilyさま
江戸時代に異人さんと結ばれた女性もいろいろ
あったみたいです
大英図書館にも 遊女の手紙が残っています
「ういれむは かわりなくそうろうか」というので
ういれむ=ウィリアム たぶん 日本で生まれた子供でしょう
当時は 父方に引き取られた方が良かったのかな・・・
もちろん遠い異国に連れ帰られた女性もいるのですが
言葉もわからず習慣も違い過ぎて あまり幸せではなかったみたい
置いてかれるのも 異国に行くのも 今では想像もつかない九郎だったでしょうね

Commented by tukineko-diary at 2018-02-14 22:59
小ツルさま
よく覚えてますね!^^
そういえば 書いた書いた
腰巻落とした花魁の話!
なつかしいなー たぶん小唄の話に載ってたものと思います
私が印象的だったのは やきもちがひどくて 殿さまに斬りかかって
とりつぶしになっちゃったパワフルな奥方の話!
それはまだ書いてなかったので 今度書きますね
Commented by 仁三郎 at 2018-07-25 01:04 x
以前、「江戸・東京ときどきロンドン」のブログを読ませていただいていたものです。
また、このブログを見つけて、懐かしくコメントさせていただきます。

私が、男の目で選ぶとしたら、江戸のヒロイン・ベスト3は、
①東福門院和子(将軍の娘で天皇の母、セレブ中のセレブ:おそれ多くて近寄れない)
②笠森お仙(会いに行きたいすっぴん素人美人娘。旗本に嫁いで77歳の長寿をまっとうの堅実さもいい)
③大浦けい(龍馬じゃないけど、お金かりたい!)

今後もまた読ませていただきます。
Commented by tukineko-diary at 2018-07-25 14:05
仁三郎さま
お久しぶりです
今年のテーマ「江戸のヒロイン」
皆さん 思い入れがあって それぞれの「押しメン」を
聞くのも楽しいです
こちらは 日記や読書も含め のんびりとした江戸ブログですが
また ごひいきお願いしますね