オフ・ザ・マップ

a0315830_15350127.jpg

 お友達とランチ行ってきました
 来年 伊勢旅行に行きたいのでその打ち合わせです
 今年は それどころじゃなかったからなぁ・・・
 そして 一日遅れですが マイベストブック
 ← これです
 図書館の検索で 「廃虚」「地図」とか入れてたら
 偶然見つけたこの本
 今年読んだ本の中で 一番!・・・というより
 この数年で読んだ本の中でも 一、二を争いました
 マイ脳内で、ですが
 社会地理学 もしくは心理地理学 という学問が
 あるというのも初めて知りましたしね
 現在はネットもあり グーグルアースもあります
 ので 世界は地図通りに存在してると思ってしまい
 ます
 世界の初めて行く場所でも ホテルの外観から
 部屋の設備 一番近い駅までの道筋 通り沿いの店
 まで見ることが可能です
 そして実際に行ってみると ロンドンもローマも
 フランクフルトも 予備知識通りに ちゃんとある

それに慣れてしまっている現在 いやいや そんなところばかりじゃないよ
と 驚かせてくれるのが この本なんです
いい例が 一番最初の「サンディ島」でしょう
1876年 捕鯨船により「発見」され 1908年には 英国海軍の海図にも載ったこの島
もちろん主要な地図や グーグルアースにも載っていました
この島が 探してみたらなかったよ!ということで 抹消されたのはたった5年前
2012年なんですね
これに伴いグーグルアースからも サンディ島は消えたのですが
今でもこの「地点」を検索すると ユーザーに登録された様々な島の画像を見ることができます
太古の恐竜がのし歩いている様子や 壮大な神殿の画像 都会の裏通りみたいのもあります
2百年以上も地図にのっていた「そこにあるはずの島」は
地図から消えても 人の心に多くの影響を与えているのでしょう
この本に載る38か所の「場所」には すべて緯度と経度が添えられています
これをグーグルアースで 検索しながら読むのが この本の正しい読み方なんですね

ということで2015年に出た本ですが 私にとってはこれが今年のベスト1です 
 
 
  
[PR]

by tukineko-diary | 2017-12-19 17:09 | 本の話 | Comments(0)