山野浩一氏 追悼

  a0315830_15060674.jpg
 荒巻義雄の「白き日旅立てば不死」を読み返し
 その流れで「X電車で行こう」を もう一度
 読みたいな‥と思い検索したら 山野浩一氏の訃報
 見つけてしまいました
 今年の七月 家からも遠くない八王子で 最後まで
 果敢に闘病なさっていた毎日が 奇しくも当ブログと
 同じエキサイトで 綴られていました
 お疲れさまでした・・・と心からお祈りいたします
 思えば クソ生意気な10代のころ 度々お宅にお邪魔
 して 山のように積まれた本の中から 好き勝手に
 数冊ほじくり出しては お借りしていた時期がありま
 した
 なんて勝手放題のアホガキであったことか・・・
 でも いつもにこにこと穏やかで えらそうなとこも
 微塵もなく ガキおすすめのハードロックも 一緒に
 楽しんで聞いてくださいました
 あの当時は まだ30代でいらしたと思います
 お写真を載せたいなと思って検索してみましたが
 一番若そうなお写真が これ
a0315830_15062101.jpg

 でも私がよく行ってた杉並区のアパートにお住いの頃は
 もっとずっとお若くて 髪も長目でした
 あそこはただの本置き場だったのですかね
 ああ 懐かしいです
 うちの父に将棋で負けて くやしかったのでしょう
 翻訳家で アマ女流棋士の山田和子さんを連れて来て
 敵討ちさせてましたよね
 山田さんが父を負かすと 子供みたいにうれしがっていた
 あの笑顔 目に浮かびます
 たくさんの思い出と 著作をありがとうございました
 これからまた読み返し 思い返して行こうと思います
 お世話になったクソガキも もう還暦越えたんですよ
 先に行った父と また将棋打ってやってくださいね 合掌
 
  
 

[PR]

by tukineko-diary | 2017-11-09 16:15 | 日記 | Comments(0)