野村文夫 団々珍聞 アバディーン

函館戦争の榎本武揚から黒田清隆 そこから例の「黒田 妻を斬殺事件」へ
これを書いた「団々珍聞(まるまるちんぶん)」とその発行者 野村文夫へ・・・と
私の今日の脳内歴史ツアー こんな風に展開しましたよ
「団々珍聞」は かの宮武外骨氏が投稿者として有名でしたので
私もそれで記憶していましたが 野村文夫の事までは 知らなかったですね
この人 広島藩の藩医の子 御多分に漏れず 藩校から適塾に進みます
そしてここから あの長澤鼎と同じく グラバーの紹介でスコットランドのアバディーンへ
いわゆる「密留学」するんですね
a0315830_17134290.jpg
↑ 150年前のアバディーンも この写真から車がないだけ…と思って遠からずです
スコットランドでは エディンバラ・グラスゴーに次ぐ第三の都市で
港湾都市でもあります 今は北海油田で「石油の首都」とも呼ばれます
ここにはグラバーの実家があった(今もあります)ので 紹介しやすかったのでしょうか
同じ密留学組でも ロンドンとここに分かれますよね
野村文夫はこの地で 勉学に励み フランス万博にも行っています
慶応4年に帰国すると すぐ明治政府で民部省 公部省 内務省に出仕しますが
すぐに退官し 「団々珍聞」を立ち上げ 新政府を批判
自由民権運動の島田三郎たちと全国遊説なんかもしています
a0315830_17312443.jpg

 アバディーンのグラバー邸は 財団の方々が
 細々と管理なさっています
 年間3百人くらいの来館者しかないので
 維持も大変そう・・・
 長崎のグラバー邸は 今も人気なのに 
 こちらはちょっと 寂しそうです
 サムライが留学したアバディーン
 もうちょっと日本からも 行ってあげて
 くださいねえ(自分もな!)
 
 はい 今日の脳内歴史ツアーはアバディーン
 で終了です
 


[PR]

by tukineko-diary | 2017-10-25 17:38 | 江戸検定 | Comments(2)

Commented by 小ツル at 2017-10-27 14:49 x
月猫様
黒田清隆妻を蹴り殺し事件を書いたのはそんな人だったのですね。
大久保利通の秘書だった千坂高雅が「あれは本当。清隆の義妹から聞いた」と書いているのを読んでびっくりしました。
結局多分千坂が話を盛ったみたいな結論になっているようですね。
新政府の足を引っ張るにしても殺人事件とはすごいなあ。
Commented by tukineko-diary at 2017-10-28 16:57
小ツルさま
どうなんですかねー
だいぶ後になってから他の新聞にも載ったらしいですが
「誤報」とかで取り消しになっています
どちらにしても酒癖がひどい人だったらしくて
酔って大砲打って 漁師を一人殺してますから!
だからこんなうわさも出たんでしょうねー