薩摩スチューデント

a0315830_12542506.jpg
昨日書きました長澤鼎さんを含む第一次薩摩藩留学生=薩摩スチューデントに関する 
HPがあります ↓
http://www.ssmuseum.jp/history.html
2014年というから最近ですが 鹿児島県串木野に「薩摩藩英国留学生記念館」というのが
建っているのですね~ わー 行ってみたい
ここに一行16人の詳しい経歴が載っています
帰国後に活躍した五代友厚 寺島宗則 森有礼などは わかりますが
それ以外のメンバーのその後が 人さまざまでおもしろいです
その中でも一番 波乱万丈!と思うのが 高見弥一
この人 土佐勤皇党・・・(あの武市半平太の)に入っていて
吉田東洋暗殺に関わって 脱藩します
その後 京で久坂玄瑞にかくまわれ 薩摩藩邸にひそみ
そのまま薩摩藩士に取り立てられました
それまでの名前が「大石団蔵」
そして 英国留学の一員に選ばれるのですね
帰国後は 一時 大阪運上所に勤務しますが すぐに鹿児島に戻り
算数の先生となって 明治29年 鹿児島で死去 52才
土佐には もどらなかったのですね
その他にも 外交畑で活躍し パリのモンパルナス墓地で盛大な葬儀が行われた人もいれば
帰国後 戊辰戦争に従軍し 26才の若さで戦死した人もいます
同じ釜・・・いえ 同じポットのスープを飲みながら その人生は千差万別
悲喜こもごもであるのだな・・・と 思いますね
ぜひ 読んでみてください






[PR]

by tukineko-diary | 2017-10-17 13:27 | 江戸検定 | Comments(2)

Commented by 小ツル at 2017-10-17 18:00 x
月猫様
薩摩藩英国留学生記念館のページを読み、
そこからフェイスブックに飛んでみましたら、
2年前の薩摩スチューデント150周年記念黎明祭の動画がありました。
地元の小学生のスピーチや薩摩弁での寸劇、「長沢鼎が聞いたであろうバグパイプの演奏」など。
面白そうなところですね。
Commented by tukineko-diary at 2017-10-18 13:25
小ツルさま
ね! おもしろそうですよね
私は ロンドンで幕末にサムライたちが多く留学した
大学 見に行きました
今でも 多くの国から学生を受け入れていますが
近代的なビルで 幕末の面影はなかったです・・・^^;