天正の草履番

久々にオンタイムで大河見ましたよ もう40回ですね
a0315830_09445171.jpg
多分あと10回くらいは続くのでしょうが 井伊萬千代(直政)が徳川に仕えて以降
「次郎法師(直虎)」は もうお役御免です
天正3年に仕官 天正10年本能寺の変の後に 次郎法師逝去ですので
この7年間を10回で 描くことになるのでしょう
寛政重修諸家譜の井伊家を見てみましょう
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082713
↑ 国会図書館デジタル コマ番号565です
とにかくそれまでの記述の数行に比べ 井伊直政の項目は数ページにわたります
これを見れば ああこの時 きちんと家系図を作ったな・・・と一目瞭然
これからの大河は 萬千代=直政の出世に どうやって次郎法師=直虎を
関連付けていくか?という一点にかかっています
なにせ記録がないのでね
願わくば 「伊賀越え」にだけは 参加してほしくないですなー
この時代の女性が主人公の大河は なんでか「伊賀越え」したがるんでね
以前の「お江」の時にも 度肝を抜かれましたが 今回も堺に龍雲丸がいるのでね
万が一ということもあり得るので 今から心の準備しておきましょう

上の写真は 彦根にある井伊直政騎馬像です
実際は 直政が関ケ原の後に賜ったのは 石田三成の佐和山城
彦根城ができるのは 直政の息子の代です


  

[PR]

by tukineko-diary | 2017-10-09 10:12 | 大河ドラマ | Comments(0)