フルベッキは フェアビーク

a0315830_11242727.jpg
同じ青山墓地つながりで フルベッキさん書いときましょう
この人 わが母校 明治学院大学開校時の理事で 神学部の教授でもありました
あのヘボン博士の同僚です
以前「江戸東京ときどきロンドン」でも書いたのですが
ヘボン=Hepburn はオードリー・ヘップバーンと同じ綴り
どちらの発音が正しいかというと「ヘボン」ですからね
同様に フルベッキ氏も Verbeek フェアビーが一番近いでしょう
この人は 1930年 ユトレヒト生まれのオランダ人
22才で アメリカに移住 24才の夏に コレラにかかり 死の淵をさまよい
一命をとりとめると 神学校に入ります
死にかけると(もしくは漫画家が売れすぎると)宗教…という道は 定番ですね
そして1859年(安政6)宣教師として来日しますが 当時はまだ禁教ですから
布教はできず 元治元年(1864)長崎英語伝習所で教師となります
インチキ集合写真ばっかり有名ですが この人も薩英戦争の時 一時上海に避難した時を
のぞいて 生涯を日本の地で送りました
a0315830_11471189.jpg
明治31年(1893)赤坂葵町の自宅で 心臓麻痺のため急逝 享年68才
墓碑には「Verbeek」フェアビークと刻まれています













[PR]

by tukineko-diary | 2017-09-25 11:51 | 江戸検定 | Comments(0)